本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(2)」の書籍内容を掲載しています。

ずっと禁煙したかった

ほとんどの人は、「禁煙できない」という諦めの気持を持っていたり、「自分はタバコをやめることができない」という恐怖心を隠すために、タバコを肯定する発言を行なっているのです。
タバコを吸っていた時は、タバコが自分のライフスタイルに溶け込み過ぎていて、禁煙や離煙が不可能だと思っているからだと言えます。

たとえば、逃げ出そうとしてオリに触れると電流が流れる動物実験を行なうと、その動物は”オリに触れれば電流で痛い思いをする”ことを学びます。象のような大きな動物でも、このことを学ぶと、電流を流さずにオリの扉を開いても逃げ出さなくなってしまうのです。

実験動物と同じように、禁煙に何度も失敗したため、「タバコをやめることができない」「タバコをやめてしまったら何も残らない」と錯覚してしまい、このような自己破滅的な強がった発言になってしまったのでしょう。

目次 離煙実践講座 本離煙編(2)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ