禁煙に“遅すぎる”はない!
これからの人生を、自由で健康に過ごすためにも。

禁煙すると健康になれるのはわかっています。ではどのくらいの禁煙期間でどんな風に身体が変化していくのかご存知ですか?

これまで20年以上吸ってきたから、今さらやめたところで何も変わらないのでは?と思いがちですが、いいえ違います。禁煙すると確実に身体には変化があります。

どんな変化が訪れるのか、ちょっとワクワクしませんか。

禁煙すると、こんなふうに身体は変化していきます

1990年に出版されたアメリカ公衆衛生長官の報告書にこんな記載があるそうです。

『禁煙は性別、年齢、喫煙による病気の有無を問わず、すべての人々に大きくかつ迅速な健康改善をもたらす』(引用:中村正和/大島明著『改訂新版 明日からタバコがやめられる』法研 1999年)

次に下の図を見てください。

出典:厚生労働省 e-ヘルスネット 禁煙の効果
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-08-001.html

まず禁煙を始めてすぐ訪れる変化は、受動喫煙の危険がなくなること。そして約20分後には血圧と脈拍が正常値まで下がります。

タバコは常に吸っているわけではありませんから、ここまでは誰にでも起こる変化です。

そして重要なのがその後。禁煙して数日後には、味覚や嗅覚が改善。2週間~3か月後には循環機能が改善するといわれています。

このあたりから禁煙の最初の難関が訪れます。吸いたい!という欲求が起こり、つい1本に手が伸びてしまう頃です。

しかし、ここを乗り越えれば、呼吸器改善のステップが待っています。スポーツをしている人なら、息が上がらなくなったと感じるのもこの頃です。

そして肺機能の改善、肺ガンのリスク低下などを経て、ようやく健康な身体を取り戻すのに10年~15年。ずいぶんと気の遠くなる話だなと思ってしまいますが、これだけ自分の身体を傷つけていたという事なのです。

自信が持てるようになって時間の使い方も充実する

禁煙をして変化するのは、身体だけではありません。

禁煙に成功したという事実からくる自信。そして今までタバコを吸うのにかけていた時間。特に仕事中なら、喫煙所に行ってタバコを吸って戻ってくるのに、10分程かかるとしたら・・・。仕事中に1日6回タバコを吸う場合、それだけで1時間離席している=仕事が遅れるということになります。禁煙すれば、1時間早く家に帰れることになるかもしれないのです。そうすれば家族との時間をもっと持てるようになったり、趣味にかける時間も作れます。

タバコを吸っていると、すっきりした気分になったように感じますが、それも大間違いで、脳の働きが悪くなってしまうのです。そうすると仕事の効率も悪くなるばかり。

▼タバコと脳の働きについてはこちらも合わせて読んでみてください。

タバコを吸うと頭の回転が良くなるって本当?

タバコを吸うと頭がすっきりする、一服するとリフレッシュできて仕事に取り組める。と聞くことがありますが、それは果たして本当でしょうか。喫煙と脳の関係はとても深くつながり、時には高揚感を、時には不…

>>続きを読む

時間のロスに仕事効率の悪化、こういうことも禁煙すれば変化してくるはずです。

禁煙することを恐れないで!

もしあなたがタバコを吸われているなら、これほどタバコが有害だと分かっているのに、どうしてやめられないのでしょうか。

もしかして、禁煙することに恐怖を感じていませんか?もし禁煙出来たとして、どうやって時間をつぶそう、口さみしくなって食べ過ぎで太ったらどうしよう。そんなことを思っていないでしょうか。

これを読んでいる喫煙者の方は、禁煙したいと思っているから読んでいただいているのではないでしょうか。禁煙したい気持ちはあるのに、禁煙成功することに躊躇しているとしたら、禁煙に成功した自分を想像してみてください。

☑タバコのニオイが身の回りから消える
☑喫煙場所を探し回らなくてよくなる
☑タバコを持ち歩かなくてよくなる
☑クサイと遠ざけられることがなくなる
☑家族や仕事仲間との会話が増える
☑禁煙できた自分に自信がもてる

などメリットはたくさんです。

また、禁煙に失敗しないためには、禁煙を始める日を考えることもポイントです。

今の時期なら、忘年会や新年会でお酒を飲む機会も増えて、どうしてもタバコが吸いたくなります。そんな状況でタバコを吸わないのはとてもつらく、つい1本と失敗してしまいがちです。そうならないように、いつ始めたらうまく行くか、禁煙の時期を考えるのも大切なことです。

そして、禁煙に失敗する事にも恐れないでくださいね。失敗しても、禁煙を思い立ったことに意義があります。失敗してもあきらめず、もう一度始めればいいのです。

その時、どうして失敗したのかを考え、対策を講じてスタートすればいいだけです。

まずは行動することが大事。体が健康な状態に戻るまでには時間がかかりますが、将来の健康は今からでも十分に取り戻せます。禁煙に「遅かった」はないのですから。思い立ったが吉日です!

禁煙ライター 黒田知子

参考
中村正和/大島明著『改訂新版 明日からタバコがやめられる』法研 1999年
阿部眞弓著『「禁煙」科の医者が書いた7日でやめる本』青春出版社 2003年
厚生労働省 e-ヘルスネット 禁煙の効果
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-08-001.html

▼禁煙したくなったら、吸いながらラク~に禁煙できる離煙パイプで

離煙成功率89.3%の禁煙グッズ

毎日のタバコに少しづつ空気を混ぜていく事で、気付かない間にニコチンから離脱。禁煙でイライラしたくない方におすすめです。

>>続きを読む