タバコが頭から離れない理由

健康志向の方やタバコの値上がりを始め、喫煙者には肩身の狭い世の中になりました。飲食店などでも分煙が当たり前の時代になり、灰皿がない場所ではタバコを吸うことが出来なくなったので、我慢するしかありません。

タバコを吸う場所を必死になって探している自分に嫌気が差したという方もいらっしゃるでしょう。その際は禁煙が頭を過ると思いますが、禁煙は簡単に出来るものではありません。禁煙しようと思い、すぐにやめることが出来る人はごく一部です。

こちらではなぜタバコを吸ってしまうのかその理由について紹介します。

なぜ禁煙出来ないのか

主にタバコがやめられないのは、ニコチン依存症になっているからという話を耳にしたことがある方も多いと思います。確かにニコチン依存症もタバコがやめられない理由の1つとなりますが、喫煙者の中には、タバコをやめると、普段タバコを吸っていた時間をどう使えば良いか分からないという方もいらっしゃいます。仕事の休憩時間にタバコを吸う方は、いつも過ごしていた日常に変化が起こるわけですから、違和感を覚えます。

タバコのことが頭から離れない仕組み

普段の日常に変化が起こると人間はそのことばかり考えてしまいます。喫煙所で同僚とタバコを吸いながら話をしている時間、お酒の席でのタバコなど、タバコを吸っていた時間を思い出し、頭の中ではタバコが吸いたいという気持ちでいっぱいになってしまうのです。まずは日常生活を変えずに禁煙をする方法を取り入れてはいかがでしょうか。

今はニコチンを減らすことが出来る代用品が多く販売されています。きっぱり禁煙することが出来ない、気づけばタバコのことで頭がいっぱいという方はタバコの代用品ではなく、タバコを吸いながら禁煙が出来る離煙パイプを利用しませんか。

当社ではタバコを吸いながら禁煙を目指すことが出来る離煙パイプを販売しています。特殊なフィルターがニコチンの量をコントロールするので、今まで電子タバコを使ってみたけど合わないという方、今まで一度も禁煙が成功したことがないという方には最適です。

▼禁煙したくなったら、吸いながらラク~に禁煙できる離煙パイプで

離煙成功率89.3%の禁煙グッズ

毎日のタバコに少しづつ空気を混ぜていく事で、気付かない間にニコチンから離脱。禁煙でイライラしたくない方におすすめです。

>>続きを読む