リトルシガーのニコチン量は紙巻たばこより多い?少ない?

紙巻タバコと見た目がほぼ同じのリトルシガーですが、気になるのがリトルシガーに含まれるニコチン量。紙巻タバコと比べて多いのか、少ないのか、実際はどうなのでしょうか。

また、パッケージにニコチン・タールの量が書かれていない理由とは?

今回は、リトルシガーに含まれるニコチン量について紹介します。

▼ぜひこちらも合わせてご覧ください。

リトルシガーの安さの秘密!

タバコの税率アップはとどまるところをしらない。それに合わせてタバコ一箱の値段も上昇していて、おこずかいへの圧迫度も激しい(?!)のか、多くの人は銘柄変更を余儀なくされています。味がよく、安いタ…

>>続きを読む

リトルシガーのパッケージにはなぜニコチンとタールの量が書かれていないのか

リトルシガー派の方は、パッケージにニコチンやタールの量が書かれていないのを不思議に思ったことはありませんか。

紙巻タバコには、タバコ1本に含まれるニコチン・タールの量を記載しなければならないという、たばこ事業法施行規則による表示義務があります。しかし、リトルシガーは葉巻の一種のためこれに当てはまらず、ニコチン・タール量の記載の義務がありません。

また、紙巻タバコは国際標準化機構(ISO)によって、ニコチン・タール量の測定方法が決められています。しかし、葉巻は種類によって吸い方も様々なので、決められた測定方法もありません。

これらのことから、リトルシガーのパッケージにはニコチン・タール量が記載されていないのです。

このニコチン・タール量の表示ですが、実は喫煙者の吸い方やタバコの持ち方によって変わってきます。1本を半分まで吸う人、根本までしっかりと吸う人では、吸い込む煙の量は当然違います。また、フィルターの側面に空いている小さな穴は、外の空気を取り込んで吸い込む煙の量を変えているものですが、この穴を指や唇で塞いでいる場合も、変わってきます。そのため、実際に吸っている煙に含まれる量とは表示通りとはいえないのです。

ちなみに、欧州連合(EU)では、ニコチン・タール量に加えて、一酸化炭素量も記載されています。

リトルシガーには実際どのくらいの量のニコチンが含まれているのか

紙巻タバコに使われているタバコ葉1gあたりのニコチン含有量は、13.7~23.2mgといわれています。通常紙巻タバコに使われるタバコは1g未満なので、1本あたりの含有量は少なくなります。これをフィルターを通したり、外の空気を吸い込む量を増やしたりするなどしてニコチン量は調整されています。

一方リトルシガーはどうでしょう。1本20g程度のタバコ葉が使われている葉巻のニコチン量は、5.9~335.2mgと製品によって大きな差があるので、リトルシガーも銘柄によって大きな差があると考えられます。リトルシガーに使われているタバコ葉は紙巻タバコと同様1g未満であること、葉巻は口腔喫煙で煙を肺に入れないこと、リトルシガーにフィルターが使われていることなどから、葉巻よりも大幅に少ないであろうことが想像できます。

リトルシガーにニコチン・タール量の記載義務がない以上、これらの数字から想像することしかできません。事実。加熱式タバコで禁煙はできません!

しかし、2021年3月、国立保健医療科学院によって、ある2種類の銘柄(A銘柄・B銘柄)で以前販売されていた紙巻タバコと現行のリトルシガーに含まれるニコチン量について、紙巻タバコと同じ、国際標準化機構(ISO)で測定された結果が公表されました。

 A銘柄B銘柄
紙巻タバコ0.96mg1.33mg
リトルシガー1.08mg1.53mg

結果、わずかながらリトルシガーが多く測定されましたが、ほぼ同じと考えられます。

ただ、この結果は公的なものではなく、あくまでも参考程度に考えてくださいね。

重要なのはニコチン・タール量ではなく、吸うか吸わないか

ここまで紙巻タバコやリトルシガーに含まれるニコチン量について記してきましたが、ニコチン量が少ないからといって、健康被害も少ないから安心、というわけではありません。

ニコチンを摂取する以上、ニコチン依存症にもなりますし、少しずつ健康な体が損なわれていくことに違いはありません。

もし、今タバコを吸っている人が、健康で長生きしたいと考えているのであれば、一日でも早い禁煙をオススメします。

急にタバコを断ってしまうのは、禁煙に失敗する可能性も高いので、まずはニコチン摂取量を徐々に減らし、ニコチンに頼らない身体を作ることからはじめてみませんか。

離煙パイプならそれが可能です。

パイプをタバコに装着して吸い続けることで、徐々にニコチンを減らしていき、最終的には禁煙できるという、ストレスのない方法で禁煙を目指すことができます。

タバコを吸いながら離煙できる画期的な方法です。

禁煙するのに遅かったということはありません。何歳からでも禁煙はできます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

禁煙ライター 黒田知子

参考
厚生労働省 最新たばこ情報 ニコチン・タール含有量推移
https://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd130000.htmld
IQOS919
https://iqos919.com/
国立保健医療科学院 リトルシガーから発生する化学物質の分析
https://confit.atlas.jp/guide/event-img/pharm141/28PD2_01-42/public/pdf?type=in

▼今すぐ楽~に禁煙にチャレンジするなら離煙パイプ

離煙成功率89.3%の禁煙グッズ

毎日のタバコに少しづつ空気を混ぜていく事で、気付かない間にニコチンから離脱。禁煙でイライラしたくない方におすすめです。

>>続きを読む