本ページは、「死ぬより怖いタバコの病気」の書籍内容を掲載しています。

離煙Column

世界各国で喫煙への厳しい規制を実施。
禁煙先進国の「タバコの罰則」の一例を紹介。

喫煙への厳しい規制で知られるシンガポールでは、オフィスビル、地下鉄、飲食店など、ほぼすべての公共スペースが法律で禁煙となっている。違反者には最高一干シンガポールドル(約六万八千円)の罰金が科される。同国の平均月収は二千シンガポールドル程度なので、罰金は月収の半分だ。

タイでは普通の冷房の効いた公共の建物が禁煙。違反者には二千バーツ(約六千円)、店側には二万バーツ (約六万円)の罰金が科せられているのだ。

一方、米国カリフォルニア州では、職場で働く従業員を間接喫煙から守る目的で禁煙条例を施行。レストランやパブなどタバコと関連の深い職場でも実施されている。この条例の順守のため、州保健局係官と市警察官がスクラムを組んで、レストランやパブの抜き打ち取り締まりを行なっている。この「間接禁煙令」を犯すと、初犯では一〇〇ドルが科せられ、違反を重ねると増額になるのだ。

目次 死ぬより怖いタバコの病気

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ