本ページは、「死ぬより怖いタバコの病気」の書籍内容を掲載しています。

離煙Column

タバコと子供

タバコの煙には有害物質が多く含まれており、間接喫煙による悪影響は無視できないでしょう。また、タバコの火は高温であり、子供の予期せぬ行動によって、火傷を負わせてしまう事もあるでしょう。

その他にも幼児のタバコの誤飲があります。テーブルの上に置いてある灰皿やタバコ。和室では、十分に幼児の手が届く範囲です。「子供の手の届く範囲に灰皿やタバコを置かない」といった配慮が、もう少し必要でしょう。

タバコに含まれる有害物質にニコチンがあります。含有量は銘柄によって違いますが、一本あたり約ニ〇mg前後あり、致死量は成人の場合、四〇~六〇mg、子供で一〇~二〇mgとされており、タバコ一本で死に至る場合も考えられます。

最も危険なのは、濡れた吸い殻や、飲料水の飲み残しに入れた吸い殻など、ニコチン抽出液を飲んでしまった場合です。この場合、ニコチンが吸収されやすいので、一刻も早く医師にみせる、必要があります。

乾燥した吸い殻やタバコを誤飲した場合には、吐かせよう、あるいは薄めようとして、水・や牛乳を与える事は、ニコチンの吸収を早め、かえって危険です。

目次 死ぬより怖いタバコの病気

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ