喫煙に伴う様々な弊害

タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど、利益を生み出すものはほとんどありません。また、様々な弊害を背負うことにもなります。禁煙成功させることで、それらの弊害から逃れることができます。

周囲に悪影響を与える「受動喫煙」

周囲に悪影響を与える「受動喫煙」

タバコの煙には大きく分けて「主流煙」・「副流煙」・「呼出煙」の3種類があります。 喫煙者が吸うのは主流煙のみですが、周囲にいる人は喫煙者の吐き出した副流煙と呼出煙を吸うことになります。

主流煙はフィルターを通っているので有害物質は多少無くなりますが、副流煙と呼出煙はフィルターを通らないため、有害物質は主流煙の約2~4倍含まれています。

この煙は環境タバコ煙とも言われており、周囲もタバコの煙の影響を受けるので「受動喫煙」と呼ばれています。受動喫煙は喫煙者に比べ発ガンリスクが倍になっており、周りの人へ健康被害を及ぼします。喫煙を続けることは、周囲へ悪影響を与えるというリスクを背負うことになります。

規則に縛られる

規則に縛られる

タバコに対する規則は国や自治体など、あらゆる所で設けられています。
例えば、路上喫煙禁止条例・歩きたばこ禁止条例などがあり、これらの条例に違反すると罰金を科せられます。また、街中でも分煙が進んでいることで、飲食店などでは喫煙者は非喫煙者と席が離されていたり、公共交通機関では喫煙が禁止されていたりします。

つまり、喫煙者は日常生活の中で規則に縛られることが増えてしまうのです。非喫煙者に比べると快適に過ごせる環境とは言えなくなります。

タバコ税を背負うことになる

喫煙をすると、非喫煙者に比べ税金を支払う義務が増えることになります。タバコ税には国タバコ税・地方タバコ税・タバコ特別税が含まれており、このタバコ税に加え消費税がタバコにはかかっています。

これだけの税金が課されていると、タバコを吸い続けることにより金銭面を圧迫することは避けられません。

当社では病院の禁煙外来でも採用されている離煙パイプを販売しております。気軽に使用できる禁煙グッズなので禁煙成功率も高く、お客様から禁煙成功の体験談も多く寄せられています。

禁煙は難しいことではありますが、体験者の成功の秘訣コツを参考にすることで禁煙を効果的に進められるでしょう。

  • 商品購入はこちらから!
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

  • 離煙実践講座
商品カテゴリー