電子たばこで置換は本当に満足できる?

電子たばこで置換は本当に満足できる?

電子たばこは、加熱式たばこと混同されることがありますが、ここではリキッドを使用するものを電子たばこ、タバコ葉を紙で巻いたスティックを加熱して使用するものを加熱式たばことします。

電子たばこはリキッドを蒸発させたものを吸引します。煙に見えるものはリキッドの蒸気で、たばこの煙より安全といわれ、注目されているグッズです。

しかし、本当に電子たばこは安全なのでしょうか。また、たばこの置換として満足できるものなのか、紹介していきます。

電子たばこの定義?

電子タバコで健康的な禁煙

 電子たばこの定義は次の通りです。

WHOでは、「ニコチンを含む、又は含まない溶液を蒸気とし、利用者が吸入するもの」。 一方、日本では、「カートリッジに入った液体を電気的に霧状にして吸引する、一般的には紙巻たばこに似せて作られた製品。(中略)カートリッジの液体が霧化され蒸気となって吸い口へと流れていく」とあります。

 出典:「脱タバコ社会における電子タバコ登場の意味と攻防」国立がん研究センターがん対策情報センター たばこ政策研究部 望月友美子(厚生労働省)

日本では、リキッドにニコチンが含まれるものは医薬品として薬機法(医薬品医療機器等法)で販売許可が必要です。現在許可されているリキッドが存在しないため、日本で販売されている電子たばこにはニコチンが含まれていないといえます。

しかし、 “ニコチンを含まない”と表示しているにも関わらず、実際にはニコチンが含まれているものが一部あるのです。国民生活センターの発表によると、それらのほとんどは海外で製造された製品でした。

今はネットショッピングでも海外製品は多数販売され、手に入りやすくなっています。海外製品には、ニコチン以外の有害な物質が含まれているという報告もあります。電子たばこを選ぶ際には、厚生労働省や国民生活センターの情報をチェックしてみましょう。

改正健康増進法の規制は?

改正健康増進法の規制は?

2020年4月に施行された改正健康増進法は、望まない受動喫煙を防止するための取り組みです。これは紙巻たばこと加熱式たばこを対象としているものであり、電子たばこは規制対象外です。

公共の場所や飲食店でも電子たばこを利用できると考えられますが、見た目は煙を吐いているようにも見えてしまいます。周囲から注意される場合があるので、電子たばこでも喫煙所を利用することをおすすめします。

電子たばこでは置換できない?

電子たばこでは置換できない?

電子たばこはその見た目から嫌煙している人には良く思われないことも多いです。とはいえ、たくさんのメリットもあります。

電子たばこのリキッドには様々な種類のフレーバーがあるので、すっきりしたい時にはミント系、甘さが欲しいときにはスイーツ系など気分によって変えれば、飽きることもありません。中にはたばこの風味を再現したリキッドもあります。

すべて電子たばこに置き換え、禁煙しようとしても、物足りない、難しいと思うことがあるかもしれません。電子たばこは禁煙の第一歩として取り入れ、気分転換として併用しながら禁煙を進めてみるのもいいかもしれません。

その際、たばこを吸うときには当社の離煙パイプを使うことをおすすめします。今吸っているたばこの味を変えず、無理なく禁煙を目指すことができます。 たばこが吸いたい時には離煙パイプでたばこを。気分転換だけしたい時は電子たばこという使い方もあります。

健康維持のためにも離煙パイプで禁煙を進めていきましょう。

  • 商品購入はこちらから!
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

  • 離煙実践講座
商品カテゴリー