分煙は受動喫煙対策に効果を発揮している?

分煙は受動喫煙対策に効果を発揮している?

「分煙」は、タバコを吸う人も吸わない人も快適に過ごせるようにと考えられたもので、受動喫煙防止対策のひとつです。喫煙または分煙と名づけられた場所を、見かけたことがある方も多いと思います。でも果たして、こうした場所を作るだけで、受動喫煙の防止につながっているのでしょうか?

世界的にみても日本の禁煙施策は遅れていて、即急な対応と喫煙者自身の自覚が求められています。

分煙の意識は近年になってから

分煙の意識は近年になってから

成人喫煙率の推移(%)

年度 昭和40年 平成元年 平成15年 令和元年
男性  82.3 55.3 46.8 27.1
女性  15.7 9.4 11.3 7.6

※昭和40年は「全国たばこ喫煙者率調査」より全年齢を記載(2018年調査終了)。平成元年以降は「国民・健康栄養調査」の「現在習慣的に喫煙している者の割合」より平均を記載。
出典:厚生労働省 最新たばこ情報 成人喫煙率 より抜粋
http://www.health-net.or.jp/tobacco/front.html

現在の成人喫煙率(男性)は3割弱ですが、昭和40年代は8割以上もありました。当時はタバコが及ぼす健康被害も広まっておらず、映画などの影響でタバコがかっこいいというイメージもありました。

そして、今と大きく違うのは喫煙できる場所です。路上での歩きタバコ、新幹線や特急電車、飛行機などの座席には灰皿が設置されていました。駅のホームは吸い殻が散乱。タバコを吸いながら、映画館で映画鑑賞もできていたのです。会社では仕事をしながら自席で喫煙なんて普通のこと。学校では先生が職員室でタバコを一服しながら談笑。病院の待合室にも当然のように灰皿が設置されていました。そんな状況が当たり前の時代で、いつでもどこでも自由にタバコが吸えたのです。

しかし、1978年に「嫌煙権運動」が始まり、嫌煙権確立が呼びかけられたことで状況が一変。例えば身近なところで、禁煙タイムを設ける駅が出てきました。


1980年代になると、徐々に喫煙場所の制限がされてきました。

1982年、国鉄特急列車の大部分に禁煙車両が設置。

1984年、百貨店の食堂に禁煙席ができました。

1990年、日本航空では2時間以内の16路線で禁煙実施。

1993年、JR東日本で首都圏全駅分煙など、禁煙の場所がどんどん広がっていきます。 そして、2002年に健康増進法がスタート。

特に注目すべきこととして、受動喫煙防止が盛り込まれ、受動喫煙に関する知識の普及、意識の啓発、必要な環境整備を推進する内容が制定されました。それを受け、

2002年6月24日、東京都千代田区で全国初の路上喫煙禁止条例が成立。このように、あらゆる場所で喫煙者と非喫煙者のスペースが分けられるようになっていきました。

2020年健康増進法の改正でより規制が厳しく

2020年健康増進法の改正でより規制が厳しく

2020年4月に施行された改正健康増進法は、受動喫煙を防止するために原則、屋内はすべて禁煙になりました。飲食店やホテル、事務所などで事業者が喫煙を認める場合は、喫煙室を設ける必要があります。喫煙室には、喫煙専用室のほか加熱式タバコ専用喫煙室、喫煙目的室、喫煙可能室があり、技術基準は以下のようになっています。

①出入口において室外から室内に流入する空気の気流が0.2m毎秒以上(わずかに風を感じる程度)であること

②タバコの煙(蒸気を含む)が室内から室外に流出しないよう、壁、天井等によって区画されていること(喫煙ルームの設置)

③タバコの煙(蒸気を含む)が屋外又は外部に排気されていること

この3つの基準をみたすことで喫煙スペースが設けられ、指定の標識の掲示が義務付けられています。

分煙の効果はやはり不完全!

分煙の効果はやはり不完全!

喫煙と禁煙の区画をきちんと分けていても、完全にタバコの煙を遮断することはやはり厳しいようです。2007年6月30日~7月6日タイ・バンコクで開催された「たばこ規制枠組条約第2回締約国会議」では、100%禁煙以外の措置(換気、喫煙区域の使用)があっても、不完全である。」と結論付けています。

喫煙室のそばを通るとタバコのにおいを感じた人もいるのではないでしょうか。これは、喫煙室を出入りするとき、空気が外に漏れるためです。

屋外に設置された喫煙スペースでは、壁や天井で仕切られていないことも多くあり、風向きによって四方にタバコの煙が広がります。喫煙スペースから少し離れた場所でタバコを吸っている人も見かけます。それが嫌な通行人は、喫煙スペースになるべく近づかないよう避けて通ったり、わざわざ遠回りしたりしなければいけません。

これでは分煙の効果は全く意味がありませんね。喫煙と禁煙の区分けや整備だけでなく、喫煙する側も、分煙の意味を理解し意識を持たなければ、分煙など到底不可能です。

分煙の効果はやはり不完全

もし受動喫煙を公共の場から完全に無くすには、分煙ではなくみんなが完全禁煙するしか方法がないかもしれません。


2014年には、世界49カ国で屋内を全面禁煙とする法律が制定。世界で禁煙運動が推進される中、当時まだ受動喫煙防止法施行前の日本では、法律で喫煙を禁じる場所はありませんでした。2017年4月にWHO(世界保健機関)の幹部が来日し、飲食店を視察した際には、「日本の対策は時代遅れ」と指摘。指摘された内容は、喫煙専用室の設置などの“日本の分煙対策”。その中身に対し、「効果がない。分煙では受動喫煙は防げない」というものでした。

2020年4月。日本ではこれまで受動喫煙対策は努力義務でしたが、屋内原則禁煙とする受動喫煙防止法として完全施行されました。しかし、受動喫煙を完全に防止する策にはなっていないのです。

新たに三次喫煙(サードハンド・スモーク)が登場!

分煙の効果はやはり不完全

三次喫煙、サードハンド・スモークという言葉を聞いたことがありますか?一次喫煙が喫煙そのもので、二次喫煙がタバコの煙を吸う受動喫煙。三次喫煙は、服や髪、カーテン、ソファなどにタバコの有害物質が付着し、間接的にタバコの煙の被害を受けること。残留受動喫煙とも呼ばれています。

三次喫煙の健康被害については、まだまだ研究が必要な段階ではあります。しかし、においや付着した有害物質が再飛散することを考えると、健康に全く影響がないとは言い切れません。

家庭内の分煙場所で訴訟問題が起きたことも

家庭内の分煙場所で訴訟問題が起きたことも

喫煙者は、自宅ではどのようにタバコを吸っているのでしょうか。換気扇の下?空気清浄機の近く?ベランダ?これらすべて、分煙にはなっていません。

換気扇の下で吸っていても、排気された場所にはタバコの煙やにおいが出ます。その前を通る人がタバコの害を受けてしまいます。ベランダも同じです。2012年、名古屋でマンションの階下に住む男性のベランダ喫煙によるタバコの煙で体調を崩したとして、訴訟問題になりました。きれいに洗った洗濯物ににおいがつくこともあります。今話題の全面禁煙の賃貸マンションやアパートの需要増も、あながちこの話と無縁ではないでしょう。

空気清浄機は、空気中のホコリや花粉などの微粒子を吸い込むものです。脱臭・消臭を謳った空気清浄機もありますが、タバコの煙に含まれるガス状物質を完全に除去することはできないのです。

職場や家庭内で分煙をしているといっても、その周りにいる人は少なからず被害を受けます。受動喫煙や三次喫煙を完全に防止するには、やはり禁煙するしか方法がないのです。


きっぱり今日から禁煙というのも喫煙者にとっては難しいものです。そこで、吸いながら徐々にタバコが止められる「離煙パイプ」をおすすめします。

禁煙へと踏み出すその一歩が、自分や周りの人々、そしてより良い暮らしにつながる一歩になるに違いありません。

参考文献
厚生労働省 最新たばこ情報
http://www.health-net.or.jp/tobacco/front.html
厚生労働省 受動喫煙対策
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html
厚生労働省 たばこ規制枠組条約第2回締約国会議の概要
https://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/jouyaku/071107-1.html#:~:text=%E3%80%8C%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E3%81%AE%E8%A6%8F%E5%88%B6%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BF%9D%E5%81%A5%E6%A9%9F%E9%96%A2%E6%9E%A0%E7%B5%84%E6%9D%A1%E7%B4%84%EF%BC%88%EF%BC%B7%EF%BC%A8%EF%BC%AF,%E7%9C%81%E3%80%81%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C%81%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%8E%9A%E7%94%9F
厚生労働省 e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/tobacco/yt-057.html
厚生労働省 喫煙と健康
https://www.mhlw.go.jp/content/000550455.pdf
厚生労働省 分煙効果判定基準策定検討会報告書概要
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/06/h0607-3.html

  • 商品購入はこちらから!
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

  • 離煙実践講座
商品カテゴリー