タバコを吸うことは法律違反?!

メガイベントでのタバコ対策は世界中で推進中!

職場でよく聞く、パワハラ、セクハラ、モラハラ・・そのひとつにスモハラ(スモーク・ハラスメントの略)という言葉がありますが、聞いたことありますか?

スモハラとは、相手の意思を無視して、その人の前でたばこを吸い、様々な不快な感情を与えてしまうこと。タバコを吸う人にとって「たかがタバコ」と思っていても、吸わない人にとっては煙や臭いは苦痛以外のなにものでもありません。人によっては受動喫煙による体調を崩す場合もあって、訴訟にまでなってしまった事例もあります。

タバコを吸わない人は、吸っている人が近づいただけで、服などにはりついたニコチンの臭いを敏感に感じ取ってしまいます。時には話かけただけでも、息に含まれたニコチンの臭いで顔を背けられるかもしれません。でも、タバコを吸っている人は自分が吸ったタバコの煙はまったく気にもならないし、相手が臭いと感じている事に意外と気付かないものです。「くさい」と注意されても、逆に「うるさい」「うっとうしい」「大げさだ」と思うだけかもしれません。

この真逆の意識の差を埋める方法は、そう簡単には見つかりません。タバコを吸っている人の気持ちが禁煙に向かって行けば、少しは意識が変わるかと思うのですが・・・。

スモーク・ハラスメントが起こるのはどんなところが多い?

メガイベントでの取り組み“Tobacco Free(タバコフリー)”って何?

スモーク・ハラスメントが一番起こりやすいのがビジネスシーンです。まずは職場。色々な会社で喫煙に関わる意識改革が促されています。少しずつ状況は改善されつつあるとは思いますが、まだ一部の会社では問題点が残っているケースもあるようです。部下が上司からタバコを無理に勧められたり、部下が社内での喫煙を嫌がっていたりする場合、上司や会社は部下からスモーク・ハラスメントと訴えられる可能性があります。

また、飲み会での席で、喫煙者と同席することもありますよね。喫煙可能な飲食店の場合、喫煙できる席なので、自由にタバコが吸えますが、同席者はどうしてもタバコの煙を吸ってしまいます。路上喫煙や歩きタバコなども同じ。喫煙可能な場所ならタバコが吸えますが、煙を吹きかけるなどの嫌がらせはスモーク・ハラスメントになる可能性もあります。

スモーク・ハラスメントは法律違反になる?

日本の受動喫煙対策

スモーク・ハラスメントは法律違反ではありません。でも、タバコを吸わない人にとって迷惑行為に変わりないのです。そうならないために、厚生労働省では、職場における受動喫煙防止対策として以下のように提示しています。

・労働者の健康障害防止という観点から対策に取り組むことが必要であることから、事業者の努力義務ではなく、義務とすべき。

また、具体的な対策としては

一般の事務所や工場においては、全面禁煙又は喫煙室の設置による空間分煙とすることが必要。
顧客の喫煙により全面禁煙や空間分煙が困難な場合(飲食店等)であっても、換気等による有害物質濃度の低減、保護具の着用等の措置により、可能な限り労働者の受動喫煙の機会を低減させることが必要。

としています。法律違反ではないものの、タバコを吸う人が吸わない人へ配慮するのは、吸う側の“義務”であるべきなのかもしれません。

実際に起こったタバコの訴訟

世界の受動喫煙対策

では、実際に起こったスモーク・ハラスメントの訴訟はどんなものだったのでしょうか。

平成24年12月、名古屋地裁。マンションの階下に住む男性が吸うタバコの煙によって女性が体調を崩したとして、男性に150万円の慰謝料を求めた訴訟がありました。
女性にはぜんそくの持病があり、階下から流れるタバコの煙をストレスに感じていました。女性宅でも扇風機や空気清浄機の対策を取るも煙が気になり、男性に手紙や電話で複数回、ベランダ喫煙をやめるよう求めましたが、男性は聞き入れず訴訟になりました。
男性側は、女性の体調悪化はタバコの煙との因果関係が認められない。マンションのベランダ喫煙は禁じられていない。私生活の自由などを理由に、違法性はないと反論。しかし名古屋地裁は、近隣住民に配慮しない喫煙に違法性を認め、精神的な慰謝料として5万円の支払いが命じられました。

喫煙はそのものは犯罪ではありませんが、周囲に配慮しなかったために、それが暴行罪や傷害罪になった事例ですね。

コロナ禍で在宅勤務になり、ベランダでタバコを吸われている方も多いかもしれません。入居時の居住ルールに喫煙に関する規定がなければ、管理会社にクレームが入っても注意しかできません。さらに、マンションのベランダ部分は、「専用使用部分」といって、共用部分ではあるものの、居住者の自由な使い方が認められている場所。とはいえ名古屋の事例のように訴訟に負けていることを真摯に受けとめ、タバコを吸う人は吸わない人に対する配慮を忘れないよう、心に刻んでおきたいものです。

お互いの理解と協力が必要

世界の受動喫煙対策

たった1本のタバコが周囲に及ぼす影響は、意外に大きい事を少しでも意識していただけたでしょうか。その意識が禁煙につながるならとても素晴らしい事だと思います。

吸わない人にとっては、世の中からタバコが消えてしまえばいいと思っているでしょう。パートナーが喫煙者だったら今すぐやめさせたいと思うのも当然です。

でも、長年吸っている人にとって、タバコをやめるのは簡単ではありません。無理に禁煙をすすめても、「外でも職場でも店でも吸えない上に、家でも吸えないのか!!」と喧嘩になるかもしれません。

喫煙者はニコチン依存症ですから、すぐに禁煙できないことを、吸わない人が理解してあげる事も時には必要です。吸う人が自然に禁煙に向かう気持ちになれるよう、ぜひ協力してあげてくださいね。もし、禁煙したい、禁煙させたいと思うなら、吸いながらタバコがやめられる『離煙パイプ』を試してみませんか。

お互い協力し合って、禁煙へ一歩前進!

禁煙ライター 黒田知子

参考
荻野寿美子著『私がタバコをやめた理由(ワケ)』あけび書房、2016年
厚生労働省 「職場における受動喫煙防止対策に関する検討会」報告書について
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000006f2g.html

  • 商品購入はこちらから!
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

  • 離煙実践講座
商品カテゴリー