どこまで知ってる?タバコの種類と特徴

どこまで知ってる?タバコの種類と特徴

いつの間にか「火を使わない」タバコが流行っている!?

最近、喫煙所でよく見かけるようになった「加熱式タバコ」や「電子タバコ」。

紙巻きタバコ派にしてみれば、タバコを口にくわえて火を点けるという「格好良さ」を無視した不届きな行為。チャラチャラ流行りモンに手ぇ出しやがって。という無骨な方も多いのではないでしょうか?

でも、内心「ちょっと興味あるんだけど、よくわからんしなぁ」と思っている方、是非、一服しながら、タバコの種類とメリット・デメリットを参考にしていただければと思います。

タバコって、紙巻きタバコ以外に何があるんだろう?

タバコって、紙巻きタバコ以外に何があるんだろう?

一口に「タバコ」と言っても、結構種類があるんです。
あなたはどれくらいご存じですか?

紙巻きタバコ

一番メジャーな種類。火を点けて煙を吸い込む。タバコの葉を刻み、巻紙で巻いたもの。吸い口にフィルターを付け、味、成分の調整をしている。フィルター無しでダイレクトに味わうこともある。

加熱式タバコ

タバコの葉を加熱し、蒸気を発生させてタバコを味わう。本体にバッテリーが内蔵され、電気加熱するため火を扱わず安全。燃焼煙や灰が出ない。臭いも少ない。

電子タバコ

タバコの葉を使用せずに「リキッド」を加熱し、蒸気を発生させる。様々なフレーバー(味)がある。蒸気を「煙」に見立てて愉しむ。厳密にいうと「タバコ」ではない。

葉巻

葉巻

タバコの葉をタバコの葉で巻いたもの。歴史は古く、現在も愛好家が多い。専門のバーもあり、肺まで入れずにゆったり燻らすのが大人の愉しみ方。こだわりのある人が多い。 昔のギャングの出る漫画では、高確率で葉巻を咥えている。

リトルシガー

リトルシガー

葉巻をもっと手軽にしたもの。分類は葉巻だが、見た目は紙巻きタバコに近い。巻紙にシートタバコが使用されており、香りが高い。吸い方も葉巻と同じ要領で。タバコ税が紙巻きタバコより安く、販売価格が抑えられていたため、近年人気が出てきたが、2021年10月の価格改定に合わせて税率も紙巻きタバコと同率に変更となり、値上げされた。

煙管(キセル)

キセル

タバコの葉を刻み、先端の火皿に詰めて吸い口から吸う。江戸時代から、細長い形状と吸う所作から「粋」な道具として親しまれる。紙巻きタバコが普及する前は一般的な喫煙方法だった。ちなみに、吸い口と火皿(雁首)にのみ金属を使用しているため、「入るときと出るときは金を使うが、中間には金を使わない」という意から、不正乗車の「キセル」の語源ともされる。

パイプ

パイプ

タバコの葉をボウル(火皿)に詰め、マウスピース(吸い口)から煙を吸う。ゆっくりと愉しむのが作法。パイプの種類も多く、愛用者も多い。

噛みタバコ、嗅ぎタバコ

火を使わずに直接タバコの葉を嗅いだり、口に含んだりしてタバコを味わう。噛みタバコは最も古いタバコの愉しみ方ともいわれている。煙が出ないので、周りに配慮した愉しみ方ができる。
昔はメジャーリーガーが噛んでいた印象が強い(今は禁止されている)。

水タバコ

専用の水パイプという道具を使用する。煙を水にくぐらせて、ろ過した煙を吸い込む。煙が冷やされることにより、マイルドな味になる。1回の喫煙時間が1時間前後と長い。フレーバーの種類も多く、中近東ではメジャーなタバコ。日本でも専門店が存在する。

ざっとあげただけでも結構ありますね。皆さん色んな方法でタバコを愉しんでいるんですね!

喫煙所の3大勢力をもうちょっと詳しく!

喫煙所の3大勢力をもうちょっと詳しく!

タバコの種類はいろいろありますが、実際に喫煙所での勢力図を考えると「紙巻きタバコ」「加熱式タバコ」「電子タバコ」がほとんどではないでしょうか?喫煙所で「水タバコ」を吸っている人はあまり見ないですよね?

ここでは、勝手に「喫煙所3大勢力、メリット・デメリット」について深堀りします。

紙巻きタバコ

紙巻きタバコ

ほぼ説明が必要ないくらい「タバコといったらコレ」という種類。ちょっと昔のテレビを見ると普通に喫煙しているシーンがわんさか出てきます。青少年がチョイ悪に憧れて喫煙したかった時代から今に至るまで、メジャーな吸い方です。銘柄も多く、人気も高いです。近年、健康被害が騒がれてから敬遠されるようになりました。ニコチン、タールを始め、体に有害な物質を多く含み、煙に関してもその有害性を指摘され、喫煙できる場所が年々限られてきています。2020年4月1日施行の改正健康増進法により、一層喫煙が厳しくなってきました。また、2021年10月1日から値上げされ、コストでも厳しくなってきました。

【メリット】
・手軽に吸える。タバコと火があればいい。
・ストレス解消になる。気分転換になる。
・時間をつぶせる。手持ち無沙汰な時間を有意義な時間へ変えられる。
・吸ってる姿が格好いい。自己満足かもしれないが、ちょっと満たされる。
【デメリット】
・健康上有害な物質が多い。ニコチン、タール、一酸化炭素など、人体への悪影響を及ぼす物質が多く含まれており、中毒症状を引き起こすこともある。
・周りから敬遠される。主にタバコの煙(臭い)が嫌われる。
・火を扱うので危険。吸っているタバコの火が他人に当たったり、寝タバコによる火災など、うっかりからの大事故になる可能性が常にある。

加熱式タバコ:IQOS(アイコス)、グロー、プルームテックなど

加熱式タバコ:IQOS(アイコス)、グロー、プルームテックなど

受動喫煙防止が注目され、できるだけ健康被害を抑えつつもタバコはやめたく無いという声に応えた商品です。バッテリー内蔵の本体にタバコの葉を入れ、燃焼させずに加熱することで発生した蒸気(ベイパー、ヴェイパーとも言う)を吸います。

【メリット】
・煙が少ない。ほとんど発生しないので「副流煙」の影響を抑えられる。
・臭いが少ない。煙が発生しないので、「タバコ臭」が感じられない。
・火を使わないので安全。火事の原因上位の「タバコの火の消し忘れ」がない。
・タールの吸収量が少ない。タールは高温になるほど発生しやすいので紙巻きたばこに比べて発生量が少ない。
・デザインが豊富。本体の種類が多く、女性でも気軽に持てるアイテムになりつつある。
【デメリット】
・充電が必要。専用の過熱バッテリー内蔵の本体を充電しておかないと喫煙できない。
・ニコチンは含まれている。タバコ葉なので、ニコチン自体は存在し、禁煙しようとしている人には不向き。
・加熱時間が必要。蒸気を発生させるために加熱する時間が必要になる。
・メンテナンスが必要。本体の内部を定期的に清掃しないと「ヤニ汚れ」「タバコ葉の詰まり」などによる不具合が発生する(アイコス最新機種は改善されてきている)。
・故障する。電気を使う機器なので、突発的な故障があり、吸いたくても吸えないことがある。
・物足りない。紙巻きタバコに対して吸いごたえ(煙の量が少ない等)が無いので、慣れるまでストレスとなる。
・恰好悪い。紙巻きタバコに対して、吸い姿がイケてない。ヤクルトをストローで飲んでるみたい(非喫煙女子談)。

電子タバコ

電子タバコ

加熱式のタバコとの違いは、「タバコではない」ということです。リキッド(フレーバー)と呼ばれる液体を本体にセットし、発生した蒸気を「タバコのように」吸って愉しむ商品なので、喫煙所で吸わなくてもいいのですが、周りから見るとタバコに見えるので、喫煙所で吸っている人も多いそうです。

【メリット】
・タバコではない。ニコチン、タールの入っていないリキッドであれば、紙巻きタバコで問題となっている有害物質は出ない。(海外製リキッドは、ニコチン入りもあり)
・火を使わない。リキッドをバッテリー内蔵の本体で加熱し蒸気を発生させるため、火を使わない。
・ヤニがつかない。歯や室内の壁などがヤニで黄色くなる心配がない。
・様々な味がある。セットするフレーバーの種類が多く、イチゴ味やトロピカル味等もあり、喫煙者でない人も気軽に「喫煙気分」を味わうことができる。
・気軽に気分転換できる。臭いを気にせず、非喫煙者でもタバコ休憩をとることができる。
・本体の種類が多い。タバコタイプから大型のタイプまで豊富な種類がある。
・煙の量を選べる。発生する水蒸気の量も本体により様々で、爆煙タイプだと驚くほど水蒸気の煙を吐くことができる。
・タバコよりコストを抑えられる。タバコではないので、タバコ税がない。タバコ値上げの影響を受けない。
【デメリット】
・販売場所が少ない。使い捨てタイプの電子タバコはコンビニでも買えるが、リキッドは限られた場所でしか販売していない。
・充電が必要。使い捨てタイプは充電が必要でないものもあるが、本体は電子機器なので充電が必要。USB電源が主なのでPCやモバイルバッテリーを持っていれば問題ない。
・メンテナンスが必要。リキッド補充やコイル交換等定期的なメンテナンスが必要。面倒な場合は、使い捨てタイプもある。
・タバコを吸っている感じがしない。タバコではないので、喫煙者がタバコの代用として吸うと物足りないと感じる。

いかがでしょうか。加熱式タバコ、電子タバコは「初期費用」もかかります。ただ、健康問題を考えたら紙巻きタバコの比較にならないくらいメリットはありそうですね。

加熱式タバコや電子タバコから紙巻きタバコへもどる人も少なくないようで、「吸い心地」を求めるなら、紙巻きタバコには勝てないようです。


あなたはどのタバコを選びますか?

こんな選択肢もありなのかも…

こんな選択肢もありなのかも…

紙巻きタバコ、加熱式タバコ、電子タバコ。喫煙を愉しむ選択肢は増えてきました。
でも、世の中は禁煙に向けて動いている「喫煙者に優しくない」世界。

「禁煙」してみようかなぁ。タバコの価格も上がったしなぁ。
そんな選択肢もアリなのかも。

でも、禁煙するとイライラするし、自然とタバコの煙から離れたいなぁ。

そんなあなたのためにご紹介したいのが、
無理なく、自然に、喫煙から離れることができる「離煙パイプ」です。

急に止めるのではなく、吸いたいだけ吸いながら、気づいたら吸わなくてもいい体になる「禁煙できない人」のために開発された不思議なプログラムです。

こんなあなたにおすすめです。

☑イライラしながら禁煙したくない。
☑禁煙しているのを周りに言いたくない。
☑他の禁煙グッズで挫折経験がある。
☑電子タバコにしてみたが、何か違う。
☑値上げするたびにやめたいけどやめられない。
☑年間の金額を考えたら焦った。例)600円×30日=18,000円/月×12カ月=216,000円
☑保険加入も非喫煙者だと割安になるものがあると知った。
など

ストレスなく禁煙できるのであればやってみたい。タバコにかかる金額を他に使いたい。自分や家族の健康、ストレス軽減、コスト削減を考えているあなたはこちら(離煙パイプとは? | 離煙パイプ公式サイト-ストレスなく成功する禁煙グッズ (rienpipe.jp))もお読みください!

禁煙ライター:山中美紀

  • 商品購入はこちらから!
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

  • 離煙実践講座
商品カテゴリー