タバコを吸う人の歯に未来はない?!

タバコを吸う人の歯に未来はない?!

タバコを吸うと健康に悪影響であることはいうまでもありません。それは歯の健康も例外ではありません。いろんな病気を引き寄せたり、それだけでなくニコチンの影響で歯は黄色くなっていき、見た目が汚くなっていきます。

喫煙者がタバコを吸っている時に感じるのは、ニコチンを吸っている満足感。タバコを吸いながら「歯がなくなるのは嫌だ」「歯が黄色くなるのが嫌だ」と思う人は果たして、どれだけいるのでしょうか。たぶん、いないでしょうね。そう思ったらすでに禁煙されていますよね。

とはいえ、口の中ではタバコの煙による様々なリスクが発生しています。歯の健康を日々脅かしているといっても過言ではありません。1日でも早く歯にとってのタバコの危険を知って禁煙へ向かってほしいと願っています。今回は具体的に口の中でどんなことが起こっているのかを紹介していきます。

口の中の美にも健康にも最悪の喫煙習慣。

口の中の美にも健康にも最悪の喫煙習慣。

タバコの煙はまずどこにいくかというと、もちろんそれは口の中です。

タバコの煙には、4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち200種類ほどが身体に有害な物質であるといわれています

それが口の粘膜や歯ぐきから吸収され、歯ぐきの血管を収縮させ血流量が少なくなります。そうすると歯ぐきに十分に酸素が行き渡らなくなり、細菌が繁殖しやすくなります。

タバコを吸うことで起こる口の中の健康リスクは、口腔がんのほか、咽頭がん、味覚障害、歯周病などさまざま。特に歯周病は、喫煙者がかかりやすい病気といわれており、進行すると歯が失われる可能性も高く、将来も自分の歯で美味しいものを食べ続けたいと思うのであれば、一日も早い禁煙をお勧めします。

また、歯にヤニ(タール)がつくことで、見た目も悪くなります。特に歯の裏側にはヤニが付きやすく、長年喫煙してきた人の歯の裏がヤニで真っ黒だったということもよく見聞きします。

タバコが健康だけではなく美容にも悪いことは、喫煙者自身が一番分かっていること。それでもやめられないジレンマ。そこをどうクリアしていくかが、禁煙の近道ではないでしょうか。

口の中では6つの危険が日々増殖している!

口の中では6つの危険が日々増殖している!

タバコを吸うことで起こる、口の中の6つの危険とは。

①歯周病の発症・進行

タバコによって歯周病が進行するにはどのような過程があるのでしょうか。

1.タバコのタールが歯に付着し、歯周病の原因となる歯垢や歯石がつきやすくなる。
2.煙草によってビタミンCの働きが悪くなり、歯肉にあるコラーゲン配合が機能しなくなる。
3.口の中が酸素不足になり、不潔になることで歯ぐきの老化が進行。歯ぐきが腫れたり講習が強くなるのは歯周病の前触れ。
4.歯周ポケットに隙間ができ、歯垢が貯まることで細菌が繁殖しやすくなって歯ぐきが徐々に下がってしまう。

進行してしまうと歯を支える土台が少なくなり、最悪抜歯しなければいけません。 また、喫煙本数が増えるほど、歯周病にかかりやすいことも分かっています。

出典:厚生労働省 喫煙と歯周病

出典:厚生労働省 喫煙と歯周病
https://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/pdf/tdfk16-14.pdf

②歯にヤニがつき汚くなる

歯についたヤニは普段の歯磨きではなかなか落とせません。タバコは毎日数本吸っていますから、ヤニが歯に蓄積されていき、有害物質を放出し続けてしまいます。

③口臭が強くなってくる

口から吐き出すタバコの煙の臭いに歯周病がプラスされると、会話をしているだけでも周囲にひどい悪臭が漂ってしまいます。

④歯ぐきが黒ずんでくる

タバコを吸うことでビタミンCが破壊されると、歯ぐきにメラニン色素が沈着し、だんだんと黒ずんで行きます。

⑤口腔がんや口の粘膜の病気の発症

口腔がんには様々な部位があり、舌にできる舌がん、舌と歯ぐきの間にできる口腔底がん、歯ぐきにできる歯肉がん、頬の粘膜にできる頬粘膜がん、口の上にできる硬口蓋がんなどがあります。これはニコチンやタールなどの有害物質が口腔の粘膜細胞のDNAを損傷するために起こります。

⑥味覚障害を起こす

煙草によって口や鼻、胃の粘膜が荒れルことで味覚が鈍くなっていきます。タバコを吸いすぎると味を正確に感じる能力が低下し、食欲不振の原因にもなります。「食べ物が美味しくなった」、「食欲が増した」とよく聞くエピソードも、タバコと味覚が結びついている証拠です。

このように、口の中でもタバコによる健康リスクがあることを、喫煙者は知っておかなければいけません。

口の中の健康が損なわれるのは喫煙者だけではなく家族にも影響が

口の中の健康が損なわれるのは喫煙者だけではなく家族にも影響が

2015年、京都大学大学院薬剤疫学分野で行われた研究によると、出生後4ヶ月時に家族に喫煙者がいる家庭の子どもは、家族に喫煙者がいない家庭と比べて、3歳までに虫歯になる可能性が2倍に上昇すると発表されました。

この結果は、家族の喫煙と子どもの虫歯の有無の因果関係を示すものではないとしているものの、決して見過ごせるものではありません。

受動喫煙によって唾液の成分が変化することで、虫歯の原因菌によって歯垢や虫歯ができやすくなるといわれており、喫煙者は自身だけでなく、家族にも健康リスクを背負わせていることを忘れないようにしていただきたいものです。

じゃあ、子どもの前で吸わなければいいと思ってしまいがちですが、喫煙者の服や髪にもタバコの有害物質が付着し、それにより三次喫煙(サードハンド・スモーク)といって、間接的にタバコの被害を受けることがあります。

どういう形でタバコを吸ったら家族は安心ではなく、タバコを吸っている以上、家族にも健康リスクがあることを、お忘れなきよう。ご自身と家族の健康のために、1日でも早い禁煙を。

禁煙健康ライター 多久島

参考
厚生労働省 e-ヘルスネット 喫煙と歯周病の関係
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-03-011.html
死ぬより怖いタバコの病気
https://www.rienpipe.jp/fs/disease


▼禁煙したくなったら、吸いながらラク~に禁煙できる離煙パイプで

離煙成功率89.3%の禁煙グッズ

毎日のタバコに少しづつ空気を混ぜていく事で、気付かない間にニコチンから離脱。禁煙でイライラしたくない方におすすめです。

>>続きを読む

離煙パイプ公式サイト
  • 商品購入はこちらから!
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

  • 離煙実践講座
商品カテゴリー