本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

未成年にタバコへの好奇心を増長

タバコの健康被害の知識が広まるに連れて、昔よりはタバコの危険性が認識されています。しかし、喫煙者の中には、中学生や高校生のうちから吸いはじめたという人も少なくありません。

親が吸っていた、好奇心から仲間と一緒に吸ってみた--など、タバコを手にするきっかけはさまざまでしょうが、日本は先進国の中でもタバコに寛容な国なのです。それは、電車の中吊り広告やビルの看板など、至るところでタバコの広告を目にすることからも明らかです。

思春期におけるタバコへの好奇心が煽られてしまうのは、こうした環境のせいもあるのではないでしょうか。成長期におけるタバコの恐ろしい危険性よりも、大人への憧れや青年期の通過儀礼のように喫煙をとらえる一方、「未成年はタバコを吸ってはいけない」という道徳観念だけを押し付けて、具体的な未成年の喫煙防止策は実施されていないといえます。禁煙の大切さをを訴えるのは大人の責任です

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプ 離煙パイプ レギュラーサイズ 離煙パイプ レギュラーサイズ 返金

禁煙、減煙、卒煙にサヨナラ!
Web版「離煙パイプ」

イラスト ランディングページ
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?
レビュー 当日出荷