本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙できない巧妙なワナ

タバコを吸うことは自由意思によるものです(本当は単なる薬物依存ですが)。しかし、タバコの価格が安いこと、街なかに自動販売機や大きな看板などの広告があふれていること、大人社会や洗練された社交の場における小道具として用いられているなど、タバコへの欲求が無意識的に増幅されるような扱われ方をされています。

至るところに自動販売機が増加していながら、深夜時間帯の「販売自主規制」によって、未成年者への販売規制が事足りる、というのは限りない欺瞞なのではないでしょうか。それは単に、行政側のアリバイ作りのためだけの申し訳程度の対策に過ぎません。「自由意思」の名の元に、タバコにまつわる健康被害や損害の責任を国民に負わせようとしているように思えます。

そういう環境の中で、いかに「タバコには害がある」と説いても、説得力はありません。特に、自らタバコを吸う大人が未成年者たちに「吸うな」と注意しても、かえって反発されるだけです。

 

●それなら「自由意思」で禁煙生活を

タバコを吸うのも「自由意思」ならば、吸わないで禁煙生活を続けるのも「自由意思」です。四カ月間もの禁煙生活を続けてこられたあなたは、「吸いたいから吸っている」タバコに、実は「吸わされている」面があることを学びました。かつてタバコを吸っていたあなたも、自分でタバコを吸うことを選びながらも、巧妙に、タバコを吸う方向に仕向けられてもいたのです。

しかし、あなたはこのテキストで税収とタバコとの関係、タバコ行政のからくりをはっきり知ることができました。タバコを吸いたいと思うことは、バカバカしく無駄なことで、しかも「吸いたい」と思い込まされているニセの欲望なのです。

体からニコチンが抜け切っている今、ストレスを感じたあなたがたとえタバコを吸っても、ストレス源となった問題はなんら解決しません。ニコチンへの依存性もないので、「スッキリする」こともないはずです。けれど、万が一吸ってしまったら、「ニコチンのストレスをニコチンで発散する」ことの繰り返しが再び始まってしまうのです。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

  • 商品購入はこちらから!
  • 本当に禁煙できるの? 離煙パイプに失敗がない理由
  • 他の禁煙方法との比較 自分に合った禁煙法は?

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

  • 離煙実践講座
商品カテゴリー