本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

離煙ブリーズ(禁煙呼吸法)をしましょう

禁煙中にタバコが吸いたくなったときに、非常に効果的な禁煙呼吸法があります。「離煙ブリーズ」です。ブリーズとは呼吸のことですが、じつはタバコを吸うのも呼吸なのです。禁煙し、離煙していくこれからはタバコを吸う代わりに離煙ブリーズをして気持ちを安らかにするのです。

それでは具体的に、離煙ブリーズのやり方を説明しましょう。


【離煙ブリーズのやり方】

(1)肩の力を抜いて身体全体をリラックスさせます。

(2)鼻から空気を一気に吸い込みます。そして五秒間息を止めてください。頭の中で、「1、2、3、4、5」とカウントしてください。頭の中でしっかりカウントすることによって、離煙ブリーズの効果が高まります。

(3)口をすぼめて10秒間かけてゆっくりと息を吐き出します。このときも「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10 」と頭の中でカウントしながら吐き出してください。


離煙ブリーズに慣れできたら、徐々に呼吸を長くしていきます。息を止める時間を五秒から七秒へ伸ばし、吐く時間も10秒から14秒と長くしてみてください。その次は10秒止めて20秒で吐く、さらにその後は15秒止めて30秒で吐ききる。このような感じで、息を止める秒数と吐ききる秒数を、少しずつ長くしていきます。この時、必ず止めた時間の倍の時間をかけて吐ききるのがポイントです。

離煙ブリーズは、「タバコの煙を吸って吐く」という長年の悪習に立ち向かうために、離煙協会が考案し提唱している呼吸法で、意識して繰り返すことで、喫煙習慣の精神的依存性を徐々になくしていこうというものです。

また、一時的な酸欠状態をつくることによって、タバコを吸い過ぎたときと似たような感覚になり、タバコへの欲求を瞬時に消し去ることができます。さらに、酸欠状態から元に戻るときには新陳代謝が活性化され、まさに一石二鳥の呼吸法です。いつでもどこでも、他人に気づかれずに、しかも即効性があり、お金もかからない。この離煙ブリーズの方法を必ず身につけて、ちょっとでも吸いたくなったら、即実行してください。

長年タバコを吸ってきたあなたにとって、15秒止めて30秒で吐く離煙ブリーズはとても辛く感じられるでしょう。でも大丈夫です。本離煙活動を2カ月、3カ月と続けていれば、20秒止めて40秒で吐く離煙ブリーズでも難なくこなせるようになるでしょう。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ