本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

肺がんでも喫煙の悲劇

免疫療法で完治した父親が肺がんに

建設会社勤務 横山信二さん (仮名 38歳)

 

一昨年の春、私の父はがんで亡くなりました。禁煙などまったく考えないヘビースモーカーだった父は七年前に肺がんを宣告されて以来、スパッとタバコをやめて治療に専念していました。

父は、外科手術や化学療法ではなく、免疫治療でがんと闘いました。そしてがんを克服したのです。

ところが、母から聞いた話では、免疫療法で完治したと思って安心したのか、ここ数年、父はまたタバコを吸い始めていたようなのです。享年六四歳でした。

肺がん患者のなかで、喫煙がおもな原因と思われる人の割合が七割を超えると聞き、とても心配していましたが、残念ながらその通りになりました。

父は治療というストレスから解放された途端に、再煙してしまいました。あれだけ「タバコががんの原因だった」と話していた本人が、再びタバコを吸うとは考えもおよばなかったことです。

父は、がんが完治したことで安堵し、再びかつてのヘビースモーカーに戻りました。当然、タバコによって免疫力は著しく落ちます。がんが再発する状況は整っていたのです。

再び体調を崩す前には、よく「息が苦しい」とつぶやいて、セキやタンが途絶えなかったようです。再煙をやめさせていたら、こんなに早くに鬼籍に入らなかったのにと悔やまれますが、今となっては何を言っても仕方ありません。

担当の医師は「肺がんは死に至る確率がもっとも高い病気です。再煙だけがお亡くなりになった原因ではありませんが、免疫力が落ちていたことだけは確かです」と説明しました。私はいまでも、完治したときに、父に禁煙させていれば、もう少し長く生きられたのに、とほんとうに悔やんでいます。

世の中には、私のように家族をがんで亡くした者が、たくさんいると思います。父の死を教訓として生きてくだされば、私はそれで構いません。どうかみなさん、タバコの害だけは真剣に受けとめてください。乱筆乱文、失礼しました。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ