本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙で発想と意識が変わる

これまでの「禁煙」と今回とでは本来、考え方がまったく異なります。いままではタバコを禁じ、「吸いたい」という欲求を一時的に我慢することなのです。そこには、”欲望を禁じる”という無理が生じています。また、禁煙に向かう際は、タバコを意識して避けるという「逃げ腰」の態度になっています。

しかし、「離煙」に向かう禁煙は、タバコに正面から立ち向かい、最終的には「本心からタバコを不必要だと気づく」という考え方に変わることです。つまり、喫煙者の立場から非喫煙者の発想に意識が変わることなのです。

「本離煙」の三カ月日を迎えたあなたでも、時折「二カ月もタバコを吸っていないのに、また吸いたくなる」ことがあるかもしれません。しかし、あなたの身体からはすでにニコチンが抜けています。生理的・肉体的にはタバコを欲していないはずなのに、なぜタバコを求めるのでしょうか? ここで一緒に考えてみましょう。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ