本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙で滑稽に映るもの

タバコの吸い方に特徴のある人がいれば、その特徴を挙げてみてください。連れ合いが吸っているから誘われるように吸っている人、他人からライターを借りて持参のタバコに火をつけている人、くしゃくしゃのタバコをポケットから取り出す人、パッケージの頭をポンポンと叩いてタバコを取り出す人などさまざまです。たえまなく吸い続けている人、次のタバコに口をつけるまで間隔の長い人、吸い口を歯で噛みしめている人、ひと口だけ吸ってすぐに灰皿にタバコを投げ込む人、目を閉じて吸っている人など、文字通り十人十色でしょう。

電車待ちのせわしない状況で時間を気にしながらタバコを吸っている人、背中を丸めて寒そうに吸っている人、タバコの根本までしつこく吸い続けている人などは、ずいぶん滑稽に映るものです。

最近は若い女性の喫煙率も増えていますが、鼻の穴から煙をふき出している姿などは、あまり品がいいとはいえません。

 

●禁煙以前のあなたがそこにいます

禁煙に成功する何カ月か前までは、観察している側のあなたも喫煙コーナーに立ち、不特定多数の彼らと一緒にタバコを吸っていたのです。過去のあなたは、今のあなたのように、誰かから、タバコを吸っているところを観察されていたかもしれません。

他の誰かと交わらずに一心不乱にタバコを吸っている姿は、無防備なものです。同じ空間で喫煙という同じ行為をしていても、彼らの視野は狭いままです。それを観察しているあなたは、喫煙していた頃の自分とは別人のような目線で、彼らを凝視している自分に気づくでしょう。

「スモーキングマン・ウォッチング」を実行したほとんどの人が、「喫煙者をじっと見ていると、あわれに思えてきた」と証言しています。あなたも、「なんてカッコ悪いんだ」「はなはだ見苦しい」とも思ったことでしょう。「かつては自分もそうだった」と反省するかもしれません。

「離煙プログラム」を始めた今のあなたは、間違いなく非喫煙者と同じ視点で彼らを見つめているのです。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ