本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙「三カ月」に要注意

実は従来の禁煙法ではこの「三カ月」という時期に再煙してしまう人が多いのです。その理由は「三」という数字のマジックにあります。

「三種の神器」「日本三景」「御三家」など、日本では古来から「三」をよく使います。また、平均して三カ月ごとに季節が変わることもあり、日本人は「三」という数字に区切りのイメージを持っているのです。

つまり、無意識のうちに「三カ月」という区切りの時期をゴールに設定してしまい、その結果「とりあえず三カ月禁煙できた。これでタバコなんて簡単にやめられる自信がついた。だから今じゃなくてもいいや」というくだらない言い訳をして禁煙をやめてタバコに火をつけてしまうのです。

では、なぜ今回の禁煙ではほとんどの人がこの時期を難なく通り過ぎていくのでしょうか。それは、タバコを我慢する禁煙とは本質が異なるからです。そこで今まで禁煙との違いをここでもう一度復習してみましょう。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ