本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

歩きタバコやポイ捨ての迷惑

歩きタバコやポイ捨てが迷惑行為であることは明らかです。束京都では千代田区、新宿区などでポイ捨て禁止条例が定められ、違反した場合は罰金を徴収する仕組みになっています。

条例の効果は大きく、歩きタバコやポイ捨ては減っています。しかし、それがイタチごっごであることもまた事実です。千代田区、新宿区で、知ってか知らずか堂々とタバコを投げ捨てている人をいまだに見かけますし、隣接する区に入ってからタバコを吸い出すなど、悪質な喫煙者も存在しています。

このような条例ができたのは、禁煙者による「タバコ憎し」という感情論のせいではありません。歩きタバコやポイ捨てなどの迷或行為のおかげでヒヤッとした経験をしたり、実際に危険な目にあったりする人が後を絶たないからなのです。

「犯罪」と言っても過言でないタバコの危険の数々についてご説明しましょう。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ