本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

喉頭がんで声を失くす

咽頭がんガンで声を奪われ、苦悩の日々が

元会社役員 矢野寛さん (仮名 54歳)

 

若い頃からずっとタバコを吸っていて、禁煙しようと考えたことは一度もありませんでした。

最初に病気の疑いをもったのは、会社の健康診断でした。次第に声がかすれるようになり、少しリンパ線が腫れていたので医師に診てもらったところ、すぐに病院で精密検査を受けるように言われました。その後、その病院の耳鼻咽喉科に行き、診察を受けたところ、結果はいちばん耳にしたくなかった悪性腫瘍でした。

正式にいえば、タバコの煙の通り道にできる咽頭がんです。以前から食べ物を飲み込む際に異物感がありましたが、まさか自分が重い病気になっているとは予想だにしませんでした。圧倒的に喫煙者に多いがんであることは、診察を受けて初めて知りました。

翌日、入院して専門医の説明を聞き、納得して手術で喉頭全摘を行ないました。放射線治療は再発の可能性がいなめないと考えたからです。

ご存知の方は少ないでしょうが、喉頭を摘出すると、一時的に声を失うことになり、精神的な負担が大きいのです。家族とのコミュニケーションが取りづらく、日常的にイライラが募ります。私はまだリハビリ中で、上手に発声ができません。リンパ節への転移がなかったことは幸いですが、話すことができない不自由さは苦痛です。妻や娘にも迷惑をかけています。当然のことながら、会社は退社しました。悲しいかな、手術を受けるために退職金をもらったような塩梅です。現在は自宅療養を続けながら、定期的に通院しています。

食道音声や人工喉頭などにより再び会話が可能になりますが、その会話能力には個人差が大きいと聞いています。精神的なショックも少なくなりません。ですから、みなさんにはくれぐれも注意してほしいと、お伝えしたかったのです。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ