本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

未成年にタバコへの好奇心を増長

タバコの健康被害の知識が広まるに連れて、昔よりはタバコの危険性が認識されています。しかし、喫煙者の中には、中学生や高校生のうちから吸いはじめたという人も少なくありません。

親が吸っていた、好奇心から仲間と一緒に吸ってみた--など、タバコを手にするきっかけはさまざまでしょうが、日本は先進国の中でもタバコに寛容な国なのです。それは、電車の中吊り広告やビルの看板など、至るところでタバコの広告を目にすることからも明らかです。

思春期におけるタバコへの好奇心が煽られてしまうのは、こうした環境のせいもあるのではないでしょうか。成長期におけるタバコの恐ろしい危険性よりも、大人への憧れや青年期の通過儀礼のように喫煙をとらえる一方、「未成年はタバコを吸ってはいけない」という道徳観念だけを押し付けて、具体的な未成年の喫煙防止策は実施されていないといえます。禁煙の大切さをを訴えるのは大人の責任です

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ