本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

日本のタバコの安さ

積極的にではないにしろ、タバコを消極的に容認しているかのような日本の状況は、タバコの値段にもあらわれています。低価格のタバコは未成年にも容易に入手しやすいのですが、日本のタバコは世界に比べても価格が安いのです。もちろん禁煙したあなたは無縁の話になってしまいますが・・・。

二〇本入りタバコの平均価格をドルで示したWHOの資料(一九九六年)によると、日本の平均値格は二・四七ドルで、先進国の中ではかなり低価格です。デンマークは五・〇三ドル、ノルウェーは五・四三ドルと日本の倍の価格でタバコが売られています。

ニューヨークでは一箱七ドル以上のタバコもあります。低価格のタバコは世界のタバコ規制の強化の流れと逆行しているといえます。

 

●日本はタバコの税負担率も低い

日本のタバコは六割もの重い税負担率がかかっている、とご紹介しましたが、これでも先進国の中ではまだまだ軽い方に位置付けられているのです。

WHOの資料(一九九六年)では、日本の税負担率は六〇%となっています。以下、税金の割合が低い順に並べると、カナダ(六四%)、ドイツとオランダ(七二%)、イタリア(七三%)、フランス(七五%)、アイルランド(七六%)、英国(七七%)、ポルトガル(八一%)、デンマーク(八五%)と続きます。

世界の先進国では、タバコは高額であり、税負担率も高いことが当たり前にないます。デンマークなどは八五%もの税がかかっていて、価格も日本の倍以上かかります。

日本には「タバコ銭ぐらいのお金で済む」などという言い方がありますが、諸外国のこの対応は、タバコを害悪ととらえ、タバコが日常生活に根付くことを防ぐという碓固たる意思を感じとることができます。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ