本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙を妨げる国の本音

健康増進法によって、公共の場所での分煙対策は今後、進んでいくでしょう。しかし、タバコの健康被害については、民間の問題意識や問題提議のほうが行政よりも常に先んじています。税源確保とタバコの関係業界の抵抗(烏インフルエンザや狂牛病騒動における食肉業界の動向を見ればわかりますね)というタバコの懸案事項のために、わが国のタバコ対策は無策なのです。

今後のタバコ規制の流れを良く見ておいて下さい。局所的には各自治体の努力や民間運動の盛り上がりによって、非喫煙者の当然の権利が少しずつ認められるでしょう。しかし、国が禁煙を促進するタバコ対策(自動販売機やタバコの値上げ問題など)のために重い腰を上げるには、世論形成が不可欠です。

私たちはタバコの誘惑に満ちている社会に暮しています。けれど、禁煙生活を営んでいるあなたに心配は無用です。機会あるごとに、タバコのバカバカしさ、タバコから永遠に離れられる禁煙の考え方をお伝えしていきます。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ