本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

イライラしても大丈夫

●いかにしてタバコを忘れるか

昨晩から本当の禁煙期間に入りました。タバコの誘惑はあなたに訪れてはいませんか。もしタバコが吸えないためのイライラが起こったらどうすればよいか。ここではその対処策を毎日紹介していきます。

まず今日は、タバコを吸いたいという気持ち自体を忘れることにより、イライラを解消する方法です。

あなたは昨晩何を食べましたか。頭の中に思い浮かべてください。次に、現在の総理大臣の顔を思い浮かべてください。総理の顔が思い浮かんだら、さらにもうひとつ、最近見たテレビの番組で面白かったものを思い出してください。

いかがですか。当然、三つの映像は、あなたの頭の中にすぐに浮かんできたはずです。しかしこの実験のポイントはそこではありません。ここであなたに気づいていただきたいのは、総理の顔を思い出した時は、昨晩の食事のことは忘れていたはずですし、面白かったテレビ番組のことを思い出していた時は、総理のことは考えもしなかったはずです。

人間は、基本的に同時にふたつのことを考えることはできません。私たちは頭で考えられる、感じられることは常にひとつなのです。

もうおわかりですね。この脳の仕組みをイライラ解消に利用するのです。そうです。タバコを吸いたくなったら、とにかくさまざまなことに思いを巡らせてみてください。タバコを吸いたいという気持ちが持続するのはせいぜい二分程度だといわれます。たとえば、学生時代の友人たちを一人ひとり思い出していけば、二分という時間はあっという聞に過ぎてしまいます。しかし、それだけではいけません。それではいつもの禁煙と同じことです。ある程度、気持ちが落ち着いてきたら、何故タバコを吸いたいのか、タバコの必要性をしっかりと考えることが重要になります。それこそが本当の禁煙であり、離煙なのです。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ