本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

夕食は要注意

今日の夕食は済みましたか? まだでしたら、21時までには済ませてください。ここで夕食に関しての一言です。

食事は、できるだけご自宅でとってください。もちろん場合によっては外で食べなければならない状況もあるでしょうが、「外で食べる」ということはさまざまな誘惑がともないます。「一緒に食事でも行きませんか?」と誘われ、食事だけならまだよいのですが、誘った人が行こうとしているお店が「居酒屋」といったことはよくあるケースです。

さらに一緒に行く仲間が増えると、その人たちからタバコをすすめられることもあるでしょう。あなたが禁煙しようとしていることを知って、絶対にあなたにタバコを吸わせてやろうと、からかう人間がいるかもしれません。しばらくの間はそんな輩とはなるべく会わないほうが賢明です。

とくに、本当の禁煙開始後三日間くらいは、自宅で夕食をとるようにしてください。できれば全ての食事を、自宅でとってください。会社勤めの方のお昼は仕方ありませんが、「夕食は自宅に戻って食べる」を原則にしてください。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ