本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙期間とアルコール

あなたはお酒を飲みますか。もし飲むとしたら、どれくらいの量を飲むのでしょう。禁煙期間において、お酒は気をつけなければなりません。基本的に離煙システムでは、お酒を飲むことは禁止していません。しかし量的な部分には十分注意をはらう必要があります。

風呂あがりのビール一杯や一合程度の晩酌ならかまいませんが、一定量を超すとお酒はさまざまな問題を引き起こします。

まず、お酒を飲むと理性や意志のはたらきが低下してしまいます。「タバコをやめるんだ」という意志が弱くなり、ついつい一服ということにもなりかねません。お酒が入ると自分の気持ちを抑えられなくなるというのは目に見えています。

また、お酒を飲むこととタバコを吸うことを、習慣的にワンセットにしている方がたくさんいます。そんな方は、お酒を飲むとどうしてもタバコが吸いたくなるのです。これはたいへんに危険です。

以上のようなことを考えると、せめて禁煙に入ってから最初の一週間はお酒を我慢するか、ふだんより酒量をひかえめにするのが賢明なことでしょう。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ