本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙のイライラの解消法

●同じ環境への安住はタブー

テレビを観ていたらタバコが吸いたくなってイライラした。好きな音楽を聴いていたらタバコのことを思い出してしまった。バスの停留所でバスを待っていたら急にタバコが吸いたくなってイライラした。

先にも述べたように禁煙中はタバコの誘惑は心のさまざまな隙をねらって入りこんで来ます。とくにボーッとしているときやリラックスしているとき、さらに何かを待っているときなどは、「こんなときタバコが吸えたらどれだけいいか」などと思いがちです。

そんなときのイライラを解消するには、同じ行為を継続しないことです。

テレビを観ていてタバコの欲求が起きたら、窓を開けて外の空気を胸一杯吸ってみてください。音楽を聴いていてタバコが吸えないためのイライラが起きたら、お菓子や果物を口にしてみてください。さらに来ないバスにイライラしてタバコが吸いたくなったら、早足で次のバス停まで歩いてください。

要は別の環境に自分を追い込むことです。同じ環境に立ち止まっていると、タバコの誘惑はあなたの背後から少しずつ忍び寄ってきます。そのためにも、誘惑があったら、なぜ自分がタバコを吸いたいと感じたのかをいつも考えるようにしましょう。適切な対処策、すぐに浮かんでくるはずです。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ