本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙期間の食事時間

夜の部に入りました。もう夕食はとりましたか。もしまだでしたら、今日の夕食はゆっくりと時間をかけてとってください。テレビを観ながらでも、家族と話しをしながらでもかまいません。いつもより余計に夕食に時間をかけてください。

どんなヘビースモーカーでも、タバコを吸わない時間帯があることは前にもお話ししましたね。寝ている時間がそうであり、入浴時間がそうです。実はもうひとつ、喫煙者がタバコを吸わない時間帯があるのです。それが食事の時間です。さすがにどんなにタバコが好きな人でも、食べ物を口に入れているときはタバコを吸いません。ですから、禁煙中は食事の時間を長くとることで、タバコへの欲求が起こる時間を物理的に減らすことができるのです。朝食や昼食は時間的制約があるので難しいかもしれませんが、比較的に時間的制約の少ない夕食には、今後じっくり時間をかけましょう。ただし、満腹になるとタバコへの欲求が高まるので要注意ですよ。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ