本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

この禁煙中の食事と嗜好品

今日はこの禁煙期間の夕食のメニューと嗜好品についてお話しします。

禁煙期間の夕食の量は基本的に腹八分目にしてください。満腹感は心理的にタバコを誘引します。少し物足りない程度がちょうどいいのです。また夕食のメニューはなるべく野菜、果実、穀類を中心としたものにしてください。肉類を中心とした油っこい食事をとると、どうしても喫煙欲求が起きてしまいます。

そして嗜好品では、コーヒーやお茶、コーラなど、カフェインの強い飲み物はなるべくとらないでください。カフェインにはニコチンを誘引する力があります。食後、どうしても口さびしいときは、白湯、あるいは冷たい水、ハーブティ 、野菜・果物ジュースなどを飲んでください。

四日目を乗り越えるには、自分の内なる変化に心を研ぎ澄ませましょう。禁断症状に似た感覚は時々襲ってくるかもしれません。しかし逆に体調が良くなったり、ご飯がおいしくなったりしてきでいるはずです。その変化を命綱にして、禁煙中のタバコの誘惑という大きな壁を乗り越えてください。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ