本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

禁煙で寿命が伸びた

きっかけは心臓病

島田隆夫(五九歳)

 

私が心臓病で倒れたのは三年前でした。その後、数カ月の闘病生活を経て、仕事に復帰しましたが、その時のショックは今でも忘れられません。でも困ったものです。ショックは忘れられないのですが、医者にあれだけ禁止されていたタバコを止められなかったのです。当時、倒れたときよりも多くタバコを吸っていました。

このまま禁煙できないと死んでしまう。そう思ったのは駅の階段を上っていて、心臓に違和感を感じた時です。私は怖くなりすぐに「禁煙する」と決意しました。そして序盤は離煙パイプを付けてタバコを吸い、本当の禁煙期間も真剣に取り組みました。おかげで私の寿命は、少しは伸びたと思っています。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ