本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

銘柄が多い理由

●タバコの銘柄は、なぜあんなにも多い

日本のタバコの銘柄の多さは世界で一番といっていいでしょう。最も人気の高いセブンスター系をとってみても、元祖セブンスター、セブンスター・ライト、セブンスター・メンソール、マイルドセブン、マイルドセブン・ライト、マイルドセブン・スーパーライト、マイルドセブン・エクストラライト、マイルドセブン・FK、マイルドセブン・ワンなど。しかもBOXタイプとソフトケースタイプがあり、どんどんバリエーションを増やしています。なぜこんなにバリエーションを増やすのでしょうか。もちろん、味を変え、ニコチンやタールの量も変え、消費者ニーズに応えるということもあるでしょう。しかし、別なところにも理由があるのではないかと考えられます。

日本では、ひとつのタバコの銘柄をテレビコマーシャルとして放送できる期間は法律によって制限されています。だから、マイルドセブンのコマーシャルを打って売り上げが上がっても、ある時期が来るとその商品は宣伝できなくなってしまうのです。

そこで考えられたのが、同じマイルドセブンでも、そのあとにサブネームをつけて新製品にしようという方法です。新製品であればまたテレビコマーシャルが放送できるのです。たとえば、新製品マイルドセブン・スーパーライトの宣伝をしても、基本的にはマイルドセブンブランドなので、マイルドセブン自体の宣伝にもなるということです。このようなからくりの中、日本のタバコは、いたずらに銘柄が枝分かれしていったのです。

日本のタバコはそんなにも多くの銘柄があるのだから、タバコの葉の種類もさぞかし豊富なんだろうと考えがちです。でも実際は違います。日本のタバコは同じ葉を用い、ほんの少し香料を変えて別銘柄として売っているのです。そのようにして多くのブランドを作って、たくさん広告をして、タバコの中毒者を増やそうとする戦略なのです。

タバコ中毒者が増えると、後は自動的にお金が入ってくるという仕組みです。禁煙できなかったあなたはその仕組みの中に捕われていたのです。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ