本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

肺に影

私はマインドコントロールされていた

金井米生(編集者 四五歳)

 

今思えば、本当に恥ずかしいなと思っています。二〇歳の頃から、ウエスタンスタイルに身を固めて、Mという銘柄のタバコを吸っていました。まさにテレビコマーシャルそのままのスタイルでした。自分ではかっこいいと思っていたのですね。

最近、会社で人間ドッグを受けたら「肺に影がある」というので、即、禁煙と思ったのですが、これがなかなか止められず、結局上司の紹介で離煙協会に問い合わせをしたのです。幸い、肺の影は何でもなかったのですが、離煙プログラムを進めていくうちに、どうも自分はタバコ会社の思惑通りに動いている人間であることが分かってとても自分が恥ずかしく感じられました。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ