本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

休日の提案

●環境によって変わるタバコへの欲求

喫煙者の心理というものは面白いもので、禁煙という環境にいなければならないと覚悟を決めると、タバコが吸えないためのイライラは不思議と起きません。浴室がそのよい例ですが、そのような空間、時間に身をおくことを考えましょう。

一日目の昼の部でもふれましたが、仕事のない休日などは、どうしてもタバコの誘惑が何度も訪れます。特に何も用事のない休日などは、禁煙にとってとても危険な日といえます。そんな日は思い切って映画館やコンサートへ出かけてみませんか。「好みの映画がない」とか「好きなアーティストじゃない」などとは言わないでください。出かける目的はあなたがタバコの吸えない空間で数時間を過ごすことにあるのです。

また、電車やバスのフリー切符を買って一日乗り物の中で過ごすのもよい方法かもしれません。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ