本ページは、「離煙実践講座 本離煙編(1)」の書籍内容を掲載しています。

トイレに行って手を洗う

●会議のときはトイレに行って手を洗おう

会社勤めの人の場合、禁煙中に最もイライラがつのるのは会議のときではないでしょうか。とくに会議室が禁煙になっていない場合はなおさらです。緊張感とダルさが同居する時間と空間。タバコを吸う周囲の人たち。そんな空間と人に囲まれると「もういいや、オレも吸っちゃおう」とつい思ってしまうかもしれません。そんなときは、先にもお話しした”環境を変える”という原則に従いましょう。

タバコのことが気になりはじめたら席を立ってトイレに行きましょう。会議中であっても、トイレへ行くことをとやかくいう上司はいないでしょう。そして気分を変えるには手を洗うのが効果的です。石鹸をつけて丁寧に、ふだんよりもじっくり時間をかけて洗いましょう。必ず気分転換がはかれるはずです。もちろんマスクをつけるのも、こんな場面こそ効果絶大です。

目次 離煙実践講座 本離煙編(1)

離煙パイプが選ばれる5つの特徴 FEATURE

  • 吸いながら禁煙できる

    いつものタバコを好きなだけ吸いながら、徐々にタバコから離れていける。ストレスフリーの禁煙法です。

  • 圧倒的な禁煙成功実績

    禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人を誇る離煙パイプ。離煙パイプで禁煙成功した著名人や芸能人も多い。

  • 禁煙グッズの世界標準

    53万セット超の販売実績。韓国、中国、米国、そしてEU各国でも人気の世界的ベストセラー商品です。

  • 真似のできない特許技術

    離煙パイプはメイド・イン・ジャパン。真似のできない特許技術でつくられた、信頼のハイ・クオリティです。

  • 病院の禁煙外来でも採用

    離煙パイプは医療器具ではありませんが、その高い成功率と安全性が認められて禁煙外来で採用する医療機関が増えています。

ページ先頭へ